セイバーズのプロスペクト、ライアン・ジョンソンがワールドジュニアのチームUSA名簿に選ばれました

ライアン・ジョンソンは、12月25日からエドモントンで開催されるIIHF世界ジュニア選手権のチームUSAの名簿に選ばれました。





2019年のセイバーズによる第1ラウンドのピック(全体で31位)であるジョンソンは、ミネソタ大学の2年生として、今シーズン6試合で4アシストを獲得しています。



ディフェンスは昨年のトーナメントでチームUSAの名簿から行われた最後のカットの1つであり、彼が言った経験が彼を動機づけました。

ジョンソンは5月にSabres.comに語った。彼らがヨーロッパに旅行する直前にカットされるのは大変でした。明らかに、私は自分の国を代表したかったのです。しかし、結局のところ、それはあなたが常に働く必要がある単なる学習レッスンです。何が起こるかわかりません。あなたがコントロールできるのは、あなたがそれにどう反応するか、そしてあなたがどれだけ一生懸命働くかだけです。それは間違いなく、今年とその後のシーズンの残りの部分でそれを達成しようとするための燃料を私に提供しました。



ジョンソンはトーナメントに参加するセイバーズの4人の見込み客の1人であり、カナダのディラン・コーゼンズとジャック・クインの1回戦の仲間と、ドイツの2020年の2回戦のJ-Jピーターカに参加します。

推奨されます